毛抜きの処理にはリスクがあるんですね

初めて私が自分でムダ毛をお手入れしたのは中学生も終わりの頃です。そのときに悩みの種だったのが、わきの下の処理でした。

ウデとかスネはそれほど毛深いという事は無いので、脱毛剤などでもきれいに処理できていたのでそれほど気にならなかったです。ビキニラインもプールなどでそこまで露出しないような水着ならそれほど気にしません。けれども脇下は、夏にキャミソールを着るときも、腕が上がった時には気になっていました。

当初はワキ専用のシェーバーでシャワーを浴びる時に剃っていたのですが、毛抜きを使った方が伸びるまでに時間がかかるので、途中から毛抜きを使って抜いていました。けれどそれは間違っていたのです。何気なく見てみたら、鳥肌みたいな汚い跡がいっぱいできてしまっていて、その鳥肌みたいな中に毛が出てきて黒いものまでありました。

毛抜きを使うと抜けた瞬間が根元まで抜けるので、病みつきだったのですが、肌が傷んでしまい剃刀を使うようにしました。ですが長期的な毛抜きの処理が良くなかったのかわきの下のポチポチした跡は治すのに時間がかかってしまい苦労しました。毛抜きを使って脇の毛を処理するのはリスクがあるんだという事に気がつきました。