上手にむだ毛処理ができたらうれしいですよね

「ムダ毛処理のことで喜んだり悲しんだりしてる私自身が無邪気だなぁ」と思うことが時々あります。私はぜったいに若々しいトシではなく、十分に年齢を重ねていますが、こんな大人女子のわたしでも未だに無駄毛処理をしている時には喜んだり悲しんだりしてるのです。

例を言えと眉を整えるため毛抜きを使って引っぱっていて、痛みがなくすいすいと順調にマユ毛のお手入れが終わると、もうそれだけで「きょうのお手入れはうまくできたわ!」と喜んでしまうのです。周りの人には一様に「わかりやすいね」って言われてしまいます。

だけど、私からしたらこんなちょっとしたことでも無駄毛のお手入れが上手くできることは喜ばしいことなのです。わかりやすいと言われても何と言われたって、何気なく声に出して喜んでしまうのだからしかたがないのです。

マユのお手入れは頻繁にしている方なので、できればむだ毛のお手入れは痛くないことが好ましく思います。これから先も頻繁に眉毛のムダ毛処理を続けていきますが、痛かったら「いっ、た〜い!」と叫びまくり、痛くなかった日は年も忘れて舞い上がってしまうでしょう。